お知らせ

HOME > よくある質問 > そもそも血圧が高いとなぜダメなのですか?

そもそも血圧が高いとなぜダメなのですか?

高血圧は動脈硬化を進行させるとともに、脳出血などの危険性が増大します。また高血圧が続くと心臓に負担がかかり心不全(心臓が弱ってしまう)を来たすこともあります。高血圧の人は約4000万人(日本人の3~4人に一人)で、その中で半分の人が未治療であり、うまく治療できているのは 1/4 にすぎないと言われています。ほとんどが本態性高血圧といわれるものですが、中には他の病気(腎臓病や血圧を上げる腫瘍など)が原因で高血圧を来たす場合があります。まずは病院を受診しましょう。